静岡県・障害年金相談窓口

平日/9:00~18:00

無料相談054-263-8558

統合失調症・発達障害・高次能機能障害・うつ病など心の病気
脳梗塞・人工透析・人口関節・耳、眼、身体の障害等、様々な障害に対応

しずおか県障害年金サポートオフィス

しずおか県障害年金サポートオフィス > 請求方法

請求方法



請求方法

障害年金の請求には何パターンかの請求方法があります。

    認定日請求

認定日請求とは初診日から1年6ヶ月経過した日「障害認定日」以降3ヶ月以内の診断書を取得し、障害認定日から1年以内に請求する方法です。年金は障害認定日の翌月から支給されます。

    遡及請求

遡及請求とは障害年金の制度を知らなかった等何らかの理由で障害認定日から1年以上経過してしまってから障害認定日に遡って請求する方法です。診断書は障害認定日から3ヶ月以内の診断書1通と請求日以前3ヶ月以内の診断書1通が必要になります。障害年金の支給は障害認定日の翌月分からとなりますが、遡及により遡れるのは時効により5年間分までとなります。

    事後重症請求

障害年金は障害認定日に障害状態に該当していなければ支給されませんが障害認定日には障害状態に該当していなかったが、その後に症状が悪化し65歳に達する日の前日までに障害が増進し障害等級に該当した場合の請求方法となります。請求書は65歳の誕生日の前々日までに提出する必要があります。事後重症請求では請求日が受給権の発生日となり障害年金の支給は請求日の翌月分からとなりますので請求が遅れるとその分受給が出来なくなりますので早めの請求をお勧めします。

    20歳前に障害がある場合の請求

20歳前の年金未加入期間に初診日のある傷病により障害等級の1級、もしくは2級に該当した場合支給されます。
20歳前障害の障害を認定する日は障害を認定する日が20歳前の時は20歳に達した日になります。



通常の障害認定日請求の場合、障害認定日の診断書は障害認定日から3ヶ月以内の物が必要ですが、
20歳前障害の場合では20歳到達日前後3ヶ月以内の診断書が必要となります。
初診日が20歳前にあり障害認定日が20歳以降である場合も同様となります。
*初診日が20歳前であっても初診日に厚生年金に加入していた場合は20歳前障害には該当せず、通常の障害基礎年金、
障害厚生年金が対象となります。

→NEXT対象傷病