ご相談・受付時間

平日/9:00~18:00

無料相談 054-263-8558

ご自身で申請されて不該当になった方もご相談ください。
脳梗塞・人工透析・人口関節・耳、眼、身体の障害等、様々な障害に対応

相談無料 日曜日・祝日 応相談

受付時間 9:00~18:00 (日曜日・祝日を除く)

メニュー

よくある誤解

こちらでは当事務所で受けるご相談の中で、よくある皆様の障害年金に対しての誤解についてご説明いたします。

傷病により日常生活に支障がありますが働いているから障害年金は貰えませんよね?

こちらについては非常に多い質問・誤解であります。

障害年金は病気やケガで日常生活、労働に支障があるときに受給出来ます、等級にもよりますが働きながら受給している方はたくさんいらっしゃいます。

具体的な状況につきましては個別に状況をお伺いさせて頂きアドバイスさせて頂きます。

障害年金は事故等や身体の大きな障害でないと貰えないと思っていた。

こちらについてですが、障害年金は余り馴染みのあるものでは御座いませんのでこの様に思われる方は非常に多いです。

しかし実際に当事務所で障害年金を受給されている方々を疾患別で見ますと、一番多い疾患は精神疾患であります。

当事務所は病院、介護事業所からのご相談が多いので他の事務所様と比べましても身体の傷病での申請割合は高い方だと思いますが、それでも精神疾患の方々の申請が一番多いです。

精神疾患で障害年金を受給された方々は 「まさか自分の状態が障害年金の対象になるとは思わなかった。」 と言われます。

精神疾患の方が社会に復帰するにあたり、一定の経済的支援が受けられるという事は非常に大きい事だと思います。

フルタイムで働かなければならないところが障害年金を貰いながら短時間勤務で生活出来るという事で精神的に余裕も出来ます。

経済的不安は精神疾患の方々にとって大きな負担であります、障害年金を受給する事によりこれら負担が軽くなる事は回復への一歩だとも思います。

医療職出身者が代表を務めます当事務所では、障害年金の受給は経済的支援という薬であると考えております。

障害年金を貰っている事を会社や周囲に知られたくないのですが。

こちらにつきましてはご自身が話さなければ原則として会社や周囲に障害年金を受給している事は知られません。

「家族が障害年金を申請する事に対して反対している」
こちらも多いお話になります。

障害年金という名前から受給してしまったら障害を認めなければならない、とお考えになるご家族様、ご本人様も多いです。

非常に良くわかりますが障害年金はご自身が保険料を納めてきたから受給できる権利であって、日常生活に支障が出ていれば受給できる当然の権利であります。

更新もありますのでお身体の状態が良くなれば停止もします。

障害状態により日常生活が大変な時は障害年金を受給し、医療費の負担を軽減したり、福祉サービスを利用したり、カウンセリングを受けたり、通院が大変な日はタクシーを利用したりし一時的にでも年金を受けて、生活、お身体の負担を減らしても良いのではないでしょうか。こちらにつきましても回復への手助けであるとも思います。 周囲にも原則受給していることはわかりません。

当事務所代表は医療職時代に障害状態に有り医療費の負担に悩む方々を診てきております。

このご質問に関しては丁寧にご説明致しますとほとんどの方が納得されております。

この問題でお悩みの方はご相談ください、ご希望御座いましたらご家族様とお話も致します。

相談してみたいけど相談したら費用がかかるのでしょ?

こちらにつきましては当事務所は電話、メール相談、静岡マルイにての面談、出張相談、全て無料にて行わせて頂いております。

医療職、介護事業所、専門職の方々からも沢山のご相談を頂いております。

まずはご相談を頂かないと障害状態にある方々が受給の可能性が有るのかすら知る事は出来ません、無料相談にて申請のメリット、デメリット、その申請でのポイント等をお伝えいたします。

申請につきましてはそれらの説明を受けてからご判断頂ければと思います。

相談の結果ご依頼されないと判断なされましても大丈夫です。

相談料を頂いてしまいますと障害年金の受給の可能性を知る機会すら無くなってしまうと考えておりますので相談、出張は全て無料で行っておりますのでご安心してお問い合わせください。

障害年金を申請したいけど専門家に依頼する費用負担が大変。

こちらにつきましては当事務所の料金体系は成功報酬制になっております。

当事務所の医療職、介護事業所向けの障害年金制度勉強会でも費用についてのご質問は必ずと言って良い程出ます。

説明し過ぎますと営業になってしまいますので非常に難しいですが、当事務所の考え方をご説明致します。

障害年金申請は原則ご自身で行う事も出来ます、しかし非常に複雑な制度、書類の多さ、初診日の考え方、保険料納付状況、過去の書類を揃える大変さ、医療的知識、専門的知識の高さ、役所、病院へ何度も出向かないとならない労力を障害状態にある方や障害年金について詳しくないご家族が行うのは難しいと考えます。

仮にその様な問題をクリアし労力を掛けて申請しても却下されてしまったり、見合った等級でなかったり、申請期間も専門家が行うより長く掛かってしまいます。

一度却下されてしまったものを覆すのは非常に難しいです。

「自分で申請しましたが却下されてしまいました、どうしたら良いでしょうか?」 というご相談も多いです。ケースによっては申請前にご相談頂ければ・・と思う事も少なくないです。

専門家に依頼することで受給の約束が出来る訳では御座いませんが、その申請の結果に対する受給の可否、等級認定は些細な点で別けられたのかもしれません。

受給決定か不支給かの違いは将来的にも非常に大きいです。

障害年金の受給は生活を変え人生を変える影響があると思います。

専門家が関わる事により専門的知識によりこれらの可能性を高め、専門的知識を調べる手間を省き、申請期間を短縮し、労力を減らし、完成度の高い書類により申請する事が出来ます。

申請期間が短くなればその月分受給出来る年金額も変わるケースも御座います。

成功報酬費用に関しましては成功報酬制の為、障害年金を申請して受給が決定し、お手元に年金が振り込まれてからご請求させて頂いておりますのであらかじめ費用をご用意頂く必要は御座いません。

受給が決定しご相談者様のお通帳に年金が振り込まれた中からお支払い頂きます。

申請に掛かる実費分の事務手数料につきましては障害状態にあります方々は経済的にも大変な方々も多いですので、ご相談頂ければ後払い制も取り入れております。

ご不明な点、費用についてご相談御座いましたら個別に対応させて頂いておりますので一度ご相談ください。

当事務所について

マルイ8Fの事務所です

ご案内

相談可能エリア