ご相談・受付時間

平日/9:00~17:00

無料相談 054-293-5445

ご自身で申請されて不該当になった方もご相談ください。
脳梗塞・人工透析・人口関節・耳、眼、身体の障害等、様々な障害に対応

相談完全無料

受付時間 9:00~17:00 (土日祝定休)

メニュー

費用について

当事務所は初回メール、電話相談を無料で行っております。
まずはお気軽にお尋ねください、ご不明な点ご説明致します。

料金一覧表案内

はじめて申請する方
(裁定請求と呼びます)
相談料0円+着手金0円+報酬+事務手数料
年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
※遡及された場合は、年金の2か月分(加算分を含む)と、遡及して支払われた額の10%(税別)の合計額、または障害手当金の10%(税別)を頂きます。
※報酬は年金が決定した場合のみいただきます。
決定に不服があるときの
行政への不服申立
(審査請求/再審査請求)
相談料0円+着手金5万円+報酬(A、Bのいずれか、高い金額)+事務手数料
A:年金の3ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B:遡及された場合は遡及分も含めた初回年金入金額の15%(税別)
※報酬は年金が決定した場合のみいただきます。
受給が決定している方の
障害状態確認届
(更新と呼びます)
①相談料0円+着手金0円+報酬(A、Bのいずれか、高い金額)+事務手数料
A:年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B:10万円(税別)
※報酬は年金が決定した場合のみいただきます。

(1)相談料金について

毎回電話での相談料金は、無料となっております。お気軽にご連絡ください。

(2)事務手数料について

事務手数料は 2万円(税別)です。(ご依頼いただく時点でお支払いいただきます)

本事務手数料とは、手続の際に発生する郵送費・電話代・調査にかかる交通費等必要経費の概算による実費分のことです。不足が出て追加分が必要となる場合は、その都度ご相談させて頂きます。

(3)報酬について

当事務所への報酬は1回のみですので、その後のご請求はございません。

障害年金の支給が決定した場合のみ、実際に年金が振り込まれてからお支払いいただきます。事務手数料の残余分は返還する性質のものではないことを、予めご了承ください。

【注】遡及について

遡及については、年金証書に記載された通知日の属する月を基準とします。遡及して支払われた額とは、その月より前の部分を指します。

その他サポート料金

額の改定請求 相談料0円+着手金0円+報酬+事務手数料
(A、Bのいずれか、高い金額)+事務手数料
A:年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B:10万円(税別)
※報酬は年金が決定した場合のみいただきます。
支給停止事由消滅届 相談料0円+着手金0円+報酬(A、Bのいずれか、高い金額)+事務手数料
A:年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
※遡及された場合は、年金の2か月分(加算分を含む)と、遡及して支払われた額の10%(税別)の合計額
B:10万円(税別)
※報酬は年金が決定した場合のみいただきます。
調査等特別対応 日当 出張の場合、半日につき20,000円(税別)+交通費 (前払い) (特殊事情や遠方への病院同行や出張訪問、診断書の受け取り代行など)

障害年金請求サポート

裁定請求の代理人として裁定請求に係るすべての事項についてのサポートを行います。具体的には以下のサポートをさせていただきます。

  • ●裁定請求についての個別相談(面談を含む)
  • ●受給資格・要件の確認
  • ●各種申請書類の取り寄せ
  • ●診断書の記入内容の助言と点検
  • ●医師への診断書等証明書の作成依頼書の作成
  • ●必要に応じて、診断書等作成依頼時の同行(日当をいただく場合がございます。)
  • ●必要に応じて、診断書等証明書の受取り代行(日当をいただく場合がございます。)
  • ●病歴・就労状況等申立書等、上記請求に係る申立書の作成
  • ●裁定請求書の作成と提出書類の点検
  • ●必要に応じて、戸籍抄本、住民票等の行政機関の証明書の請求と受取の代行
  • ●必要に応じ金融機関への口座確認証明の請求と受取の代行
  • ●年金事務所への書類提出
  • ●年金事務所との折衡
  • ●請求代理人として 請求についての年金事務所等からの問合わせ、照会に対する応対

審査請求・再審査請求サポートについて

審査請求・再審査請求とは…

障害年金の請求(初回)をし、年金の決定に不服がある

  • ●不支給決定を受けた
  • ●決定された等級や内容に納得がいかない…

といった場合、その決定に対し、不服申し立てというものが出来ます。

この不服申し立てのことを審査請求といいます。

審査請求の決定にさらに不服があるときは、もう一度不服を申し立てることができます。これを再審査請求といいます。

更新手続き

障害年金は、基本的に「有期年金」です。「永久認定」された場合を除き、個人によって異なりますが、1年〜5年を目安に「更新」が行われます。

更新の際には再度、医師の診断書を提出し、それに基づいて、障害年金の支給を継続するか否か審査されますので、この時の診断書の内容も非常に重要です。

更新によって支給停止になることのないよう、サポートさせていただきます。

額の改定請求手続き

障害年金を申請したときよりも病状が悪化したので、年金の等級を上げて、もらえる年金額を増やしたい!という方に対するサポートです。

支給停止解除

障害年金の受給権をお持ちで更新により支給停止になっている方が、その後、病状が悪化したとして支給の再開を求める際のサポートです。

当事務所について

新静岡駅から徒歩1分

ご案内

相談可能エリア